BLOGブログ

ブログ

歌でビブラートをかけたい!

歌を歌う上で、よく聞かれるのが、

「ビブラートをどうかければいいのか?」

ということです。

クラシック声楽においては、ビブラートは、自分で意識的に作るものではなく、自然にそうなるものであると、認識しています。

体にとって効率の良い歌い方ができれば、自然に心地良い声の揺れが生じます♫

(もし意識的にビブラートを起こすとすると、クラシック声楽においては「トリル」という表現が近しいかもしれません)

是非、きくふじ声楽教室で自然なビブラートを体験されてみてくださいね!